蔵王でワイルドキャンプ♪

2012年9月29日(土)・30日(日) 蔵王坊平国設野営場
P9305763.jpg
1年ぶりに蔵王でキャンプしてきました♪


今回、初めて我が家以外の人ととまりのキャンプです。
妹夫婦と一緒です。
P9295602.jpgP9295603.jpg
天候がかなり心配でしたが、ご覧のとおり。
ただ山の上は雲に隠れているので油断はできない。
車の温度計はいつも+2℃なので実際は26℃くらいかな。
坊平はおそらく20℃前後と予想。たぶん夜は10℃以下だな。
蔵王だと自分の家からもある程度、空模様が観察できるのでいいですね(^^
子供&妻たちが準備している合間に、妹の夫と二人で買出しに行ったのですが
これが失敗… 会計でびっくりしました。買いすぎ。
男だけで買い物をするとこうなりますね…
「どうりで、帰ってくるのが遅いと思った~」とチクッとされつつ、さ、出発だ!
P9100418.jpg
※写真がないので去年のものを(^^;
道のチョイスを間違って、若干遠回りしつつも現地到着!
有料道路使わなくても、というか使わないほうが近かった…
イン・アウトフリーなので時間を気にすることなく、かなり適当に行動してます(笑
管理人さんに混雑具合を聞いてみると… 指でOKサイン?いや、ゼロってことか?
なんと今日は我が家だけのようです。1000張り収容可能な広大な土地に我が家のみ!
管理人さんは17時でいなくなるので、その後がちょっと心配だな…
管理人さんにBBQをするかどうか聞かれ、「します」と答えると「なら、注意事項がある」と。
「台風が近づいてるから、風で枝が折れると危険なので、木の下での設営はしないでね」
って、BBQをするかしないかは関係ないような… (^^;
誰もいないので、ファイヤーサークルの隣に設営することにしました。
平らで広いし、木もありません(笑
やった!今回は直火で焚き火だ。かなりラッキーです。
P9295607.jpg
KazuとSomaが荷物運びのお手伝い。ベビーカーで手当たりしだい持ってくる…
サイト周辺に小物が散乱してしまったけど、お手伝いどうもありがとう!
P9295605.jpg
ある程度設営したところで、我慢できずに乾杯♪
P9295609.jpg
せっかくなので、枯れ木をさがして三脚作りました。
ちょうどいいのが落ちてなくてかなり探し回りました(^^;
火を起こして、早速昼食の準備開始!
すでに13時を過ぎているので急がないと夕食のときまでに、おなかが減らないぞ。
昼メニューはHaruka担当です。
ちょうど近くの散歩コースを歩いていた方が我が家のサイトに立ち寄ってくれました。
直火の焚き火と三脚に興味を持ってくださったそうです。
東京から来たというその方は、普段は山中湖あたりでキャンプすることが多いそう。
湖畔キャンプ、憧れるなぁ!
もしやブロガーさんですか?と聞くべきところを、なぜか
「もしやキャンパーさんですか?」
と聞く私… あたりまえだろう。キャンプの話してんだからさ…
で、しばしキャンプ談義(^^v 見ず知らずの方とキャンプの話題で話ができてうれしかったです。
P9295642.jpg
持ってきた薪の量に不安を覚えたので、その辺から拾ってきて足しました。
これだけあれば十分でしょう!
P9295611.jpg
焚き火の番は妹夫が担当。その奥でKazuがなにやらやってますね。
P9295608.jpg
あとは頃合を見計らってチーズ投入して軽く煮込んだら完成♪
P9295624.jpg
焚き火缶をキャンプ初投入しました。本当は三脚に吊るしたかったのですが、
ダッチ下げてるのでウッドガスキャンプストーブで。ちなみにパスタゆでてます。
P9295628.jpg
昼メシ完成!!
P9295645.jpgP9295635.jpg
おやつ代わりに、じゃがいもを焼いてみたり… サラミを焼いてみたり…
サラミは夜の酒のつまみにするつもりだったのに、結局2人に取られちゃいました(^^;
P9295627.jpg
最近、人見知りを克服したKazu。おじちゃんとも楽しく遊べました♪
P9295632.jpg
夕方前に眠くなったKazu。親の添い寝なしで自分ひとりで寝るつもりのよう。
遠くから観察していると、シュラフ出して寝ようとしてる♪
結局、寝ずにテントから出てきて、遊んでました(笑 夜になってぐずらないといいけど…
P9295639.jpg
念願の豚バラ肉のあぶり焼きに挑戦してみました。
P9295656.jpg
ばら肉、3時間後の様子。いい色になってきた♪
…しかしこの2時間後「ちょっと味見を」をきっかけに一気に消費…
翌日の昼にでもてべようかと思ってたのですが、朝食分を残してみごとに無くなりました。
まあ、天候見て早めに撤収することにしたので、これでいいのだ(笑
またこんどじっくり焼いてみます。
P9295677.jpgP9295659.jpg
夕食を食べるころにはすっかり日が落ちてきました。
我が家は「夜は暗いもの」という方針言い訳で、小さいランタンしか持ってないのですが、
周りが暗いせいかちょうど良い光量でした。
坊平はトイレ以外、照明が一切ないので夜はほんとに真っ暗です(笑
この日はほぼ満月だったので、空がとても明るく感じました。
P9295663.jpg
熾き火をつかってだけど、Kazuが初着火に成功!
白樺の樹皮や小枝をせっせと集めたりしてやっと炎がでました。
それじゃつかないよ~、と思いながらも極力口出ししないで見てました(^^
明るいうちから大分頑張っていたのでうれしそうだ(笑

私のブログで子供に火を扱わせている記事を掲載することがありますが、決して子供に火を扱わせることを推奨しているわけではありません。自然の面白さや、すばらしさ、恐ろしさ、危険を察知する感覚を育む学びの一環として、私と妻の監視・責任の元、必ず近くで見守り最大限の注意を払った上で行っています。子供が起きている時間帯は火力を極力小さく必要最小限にしたうえで火の扱い方を教え、悪ふざけで危険なことをしそうになったら即座にやめさせ、叱ることも必要です。小さい子供は火は熱いことを知っていても、火のそばにあるものも熱くなっていることを知りませんし、自分が何かにつまづいて火の中に転倒してまうような事態も予測できないと思います。子供のそばで火を扱う際、また子供に火を扱わせる際は、悲しい事故につながることのないよう、十分ご注意ください。
焚き火の楽しさや火の怖さ等、わかってらっしゃる方がほとんどだと思いますが、念のため書かせていただきました。
堅苦しいこといってすみませんm(_ _)m 

P9295679.jpg
妹夫が美味しいジンギスカンを調達してくれました。※ここから♪→ジンギスカン・シロー
結局、焼き担当にさせてしまい、私は食べてるだけ。
すまん…。けど、うまい♪
P9295683.jpg
今日のKazuとSomaは夜も元気!飽きずにサラミ焼いたり、サモア食べたりしてエンジョイ中。
ほんとは眠いはずなんだけどね(^^; 普段なら「寝なさい」コールが飛ぶ時間だけど
キャンプの時は特別、自分から寝たくなるまで起きてていいよ♪
P9295691.jpg
子供たちが寝たら、ようやく大人の時間!
そして焚き火は大人用の火力にアップ!
P9295715.jpg
焚き火を中心にした配置に変更しました。
ずっと火のそばにいたせいで気付きませんでしたが、結構冷えます。
吐く息が白かったのですが、焚き火があったかくて心地よいです。
P9295724.jpg
ビールを飲みつくし、焼酎をちびちび飲みながらあれこれ会話を楽しんで
最後にホットワイン飲んで体暖めてからテントに入りました(^^
来たばっかりのつもりが、あっという間に寝る時間。
楽しい時間は過ぎるのが早いですね。
続く…
 にほんブログ村 アウトドアブログへ←クリックしていただけると励みになります!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします