蔵王温泉スキー場もシーズン終盤です。

週末時間が取れたので蔵王温泉スキー場へ。

4月からは春シーズンの料金になり、利用しやすくなります。雪質もリフトの運行状況もハイシーズンのようにはいきませんが、それでも蔵王温泉スキー場を1日3000円で楽しめるのはありがたい。

蔵王温泉スキー場 中央ゲレンデ

上ノ台ゲレンデや横倉ゲレンデはリフト営業が終了してるので、ゴンドラで一気に標高の高いゲレンデに移動します。

中央ロープウェイは待ち時間があったので、すぐに乗れるスカイケーブルで上り見返りペアリフトで中央ゲレンデに移動しました。雪がパラつく寒さで、まだスイスイ気持ちよく滑れます。

そしてこの時期になると、ハイレベルなスキーヤー&スノーボーダーの割合が増えるので恐縮してしまいます。
人が少ないので、テレマークでコブの練習でもしてみようかと思いましたが、ヘボすぎて悪目立ちしそうなのでやめときました…。

蔵王温泉スキー場中央ゲレンデから見る三宝荒神と地蔵山

中央ゲレンデから見える三宝荒神と地蔵山。もう樹氷のシーズンは完全に終わってしまいましたね。

4月7日現在では見返りペアリフトが運行しているのでスカイケーブルで上がっても、中央ゲレンデまで移動できますが8日以降はそれができなくなります。4日8日以降からは中央ロープウェイか蔵王ロープウェイ山麓線を利用したほうがスムーズです。

4月8日現在で可動しているリフトは、

①蔵王ロープウェイ山麓線 08:30~17:00
②蔵王ロープウェイ山頂線 08:40~16:45
③蔵王中央ロープウェイ 08:30~17:00
④スカイケーブル 08:30~17:00
⑫中央第2ペアAB 08:30~16:30
⑭中央第1ペアAB 08:40~16:40
⑯片貝トリプル 09:00~16:30
⑰蔵王パラダイスペアA・B 09:00~16:15
㉒ユートピア第2ペア 09:00~16:30
㉓横倉第1ペアA 09:00~16:45
㊴ 黒姫第1クワトロ 08:30~16:30

※気象状況により運休する場合もあるので公式サイトでご確認ください。

 

シーズン終盤の人が少なくなったゲレンデを見ると寂しさを感じます。

と入っても、蔵王温泉スキー場はまだまだ絶賛営業中!

さて、今シーズンあと何回来れるか。

 

蔵王温泉 源七露天の湯

スキーのあとは源七露天の湯でひとっ風呂浴びて帰りました。

 

源七露天の湯の公式WEB

[営業時間] AM9:00~PM9:00
[定休日]  水曜日午前中、または終日の場合あり※ご確認ください。

[利用料金]
大人(中学生より)/450円
子供(3歳より小学生まで)/250円

★回数券11枚綴り/4,500円
★浴ばりセット/800円
(入浴料・タオル・ボディーソープ・リンスインシャンプー付)
※通常料金より100円お得!

■ボティーソープ 100円
■リンスインシャンプー 100円
■タオル 250円
■貸しバスタオル 300円
※石鹸・シャンプー類の備え付けはございません。
※貴重品はコインロッカーへ(50円有料)。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします