小波渡漁港で海釣り ローチェアも釣ってみた…

月山に登る計画でしたが、天候が微妙だったので早々に諦めて海釣りに変更。

海釣りが得意な義弟YOSHIと息子2人の4人で毎年恒例の小波渡漁港へ。

小波渡漁港は山形県鶴岡市の小波渡海水浴場の隣りにある小さな漁港です。広くて夜も照明がついていて明るく、水洗トイレまであり水道も使えます。小さな子供も安全に釣りが楽しめます。

今年は前泊して小波渡漁港入り

夕方に自宅を出発して、現地で夕食をとり前泊しました。

風が結構あったので、寝床の設営に若干手間取りつつ遅めの晩飯。

牛すじ煮込みにソーセージや手羽元を投入した汁にうどんを入れた謎鍋。形容しにくい味だけど、とにかく旨かった。

軽く晩酌したら明日に備えて就寝。

4時に起床して釣りスタート。

サビキのやり方を教えてもらうSoma。

この時点でまだアタリ無し。釣れるといいんだけど…

夜が明けると共に徐々に釣れ始め、明るくなった頃には次々に小アジを釣る子どもたち。


そして、ローチェア水没事案発生。

そんな中、日本海の海風がちょっとしたイタズラされました。

義弟が座っていたローチェアが風に煽られ海へダイブ。

風が強かったので警戒はしていたけど、ちょこっと目を離したスキに落ちてた〜。

「よりによってスノーピークのイスを…」と嘆く義弟。ま、大丈夫でしょ。

仮に引き上げられなくても、その時はしょうがない。そういう縁だったということ。

やや水深があり引き上げられるか微妙でしたが、濁ってはいましたがギリギリ目視できて場所見えてたので、ジェラペグ曲げて大きなフック作り、それを長い釣り竿にくっつけてなんとか引き上げました。

人生初のイス釣りに挑戦し、無事今日一番の大物を釣り上げたのが今回のハイライト。
いい思い出話ができたよ。

釣りが一段落したところで朝食。

昨晩の残り汁にインスタントの味噌ラーメン投入。こちらもなかなか説明が難しい味ですが、かなり旨い。

朝食後にもうひと遊びして帰路につきました。

今年も楽しかった!ありがとう小波渡漁港。

釣果は50匹ほど。KazuとSomaの二人でさばきました。

両親も招待し、義弟宅にてみんなで釣った魚で夕食。

今回も最高に楽しい海釣りでした。毎回釣りの準備をしてくれる義弟に感謝!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします