UNIFRAME ちびパン&ちびパンリッド

モンベルに行ったついでに、以前から気になっていたちびパンを試しに買ってみました。

以前同僚が使っているのを見せてもらったら予想以上にしっかりした作りで、肉厚の鉄板でできた本体は強い火にかけても熱変形の心配は無用。「ちびパン」という可愛げな名前からは想像し難い武闘派ギアな印象。

では、早速シーズニングを始めましょう。

新品はピッカピカですが、これは出荷され商品がユーザーの手元に届くまで錆びさせないためのもの。
使う前にこのコーティングを焼いてしまう必要があります。

シーズニングはガスコンロ使って行います。
HIクッキングヒーターだと底面だけが熱くなり、フチ部分の加熱が難しくうまくいきません。

加熱を続けると煙がでてきて、塗料が焼ける匂いがしてきます。
始めてだと不安になるとは思いますが、臆せず煙が出なくなるまで加熱してください。

煙が出なくなりフライパン全体がくすんだ黒になったら、少し多めの油をひいて野菜くずなどを炒めます。
最大火力のままガンガン炒めてOK。

余分な油を拭き取った際に、パン裏側にも油を塗っておくとサビ防止になります。

裏側はこんな感じ。使っているうちに全体的に真っ黒になるのでムラが出ても問題なし。

ちなみに取っ手はかなり熱くなるので注意が必要です。
加熱した状態でうっかり触ると火傷します。布巾などをあてて掴んでください。

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。