2019年もお盆キャンプは飛のくずれキャンプ場

日本海の夕日

今年のお盆キャンプも、極上サンセットに期待して秋田県にかほ市の「飛のくずれキャンプ場に行ってきました。

 

途中で仲間のキャンプ地へ寄り道

そうまがキャンプイベントで仲良しになったお友達に会うためにちょっと寄り道。

ご挨拶だけさせていただくつもりが、子供達が人生初の水上バイクに乗せてもらいました。

マリンスポーツはあまり得意ではないので、子供達にほんと良い体験をさせることができました。

いきなり押しかけたにもかかわらず、いろいろ遊びの面倒見てくれてほんとにありがとう!W家の皆さん。

最後にみんな乗っかって記念写真。


キャンプ地に到着。汗だくで設営。

日中は空いてて夕方からバイカーさんたちが集まってくる印象でしたが、今年は我が家が到着した時点でほぼ満杯状態。

無人のテントが多かったので、連泊して日中は海とかに行ってるのかな。

けっこう洒落にならない猛暑の中の運搬と設営。あまりに暑く我が家のキャンプ史上最もしんどい設営でした。

写真撮ったのは夕方ですが、日が落ちてもむんむんに暑かった…。

一段落したら小腹がすいたのでおやつ作り

そういえば昼飯まだでした。どおりでお腹すくわけだ。

昼飯っていう時間でもなくなってしまったので、夕食までのつなぎにみんなでおやつ作り。

子供たち、すまん…。これで勘弁してくれ。

 





焚き火はもっぱら子供達の仕事

我が家は焚き火を熱源にして調理するので、火起こしと火の管理は結構大事な役目。

最近は焚き火に関してはすべて子供達に任せても大丈夫になりました。

使えるもので火をおこして、熾火作って、手持ちの薪で全部の食事作れるように使用量も考えて管理してくれます。

ホント焚き火上手になってくれました。

散策ついでに薪を拾いに行きましたが、今年は全く流木が落ちてませんでした。

昨年は大量に落ちてたので、結構当てにしていただけに残念。

1泊なので持参の薪で十分間に合いますが、2泊だったら危なかったな。

 

夕食の準備

ラム肉2kgを切り分けるのは長男。最近は肉といえば彼担当です。

いつのまにかキロ単位の塊り肉を上手に処理できるようになりました。

筋の処理や、食べやすいように隠し包丁いれたり結構こだわってます。

刻みニンニクとスパイスをまぶして準備完了。夕食まで寝かせておきます。

夕食前というのに、まだおやつのハムを焼いている人。

晩飯、食えなくなるぞ。

 

お目当てのサンセットは雲に阻まれて…

今年こそ沈みゆく夕日を眺めたいと思ってたのですが、残念ながら若干雲がかかってました。

内陸に住む我が家にとっての夕日は山の向こうに沈んでゆく姿が常ですが、水平線に沈む夕日はスケール感が違いますね。これだけで非日常感がすごいです。

夕食はラム肉の焚き火焼き

最近我が家ではBBQの定番となったラム肉。焚き火で焼くとスモーク感が強く美味。

これはちょっと火が強いな。

焼けたものから小分けにしてガツガツ食べる子供達。

しかしながら、全員で米3合たべておやつの食べ過ぎたせいか完食ならず。

まあ、2kg以上あったのでそもそも食べきれなかったかな。

お持ち帰りして明日の夕食はBBQに決定。

 

夕食後の花火

下駄箱で発掘された3年くらい前の花火だったけどちゃんと点火できました。

火傷しないようにと長靴を履いていたそうま。だけど長靴の中に火種を落としてしまい結局火傷。

痛いと騒ぐので、結局渡しがおんぶしてサイトまで戻りました。

背中にずっしりと感じるそうまの体重に成長を感じました。みんなどんどん大きくなっていくね。

今回のそうまの火傷で気づいたのですが、長靴の中に火種が入ってしまうと肌に火が当たる時間が長くなってしまい火傷が深くなります。良い教訓になりました。

 

お酒飲みながらまったり過ごすつもりが、全員遊び疲れて早々に撃沈。

眠くて起きていられないなんて初めてです。

歳、とったのかな…。

 

遅めの朝食・撤収

汗だくで目が覚めたらすでに8時前でした…のんびり寝過ぎたか。

子供達は早起きして火を起こし味噌汁作りに励んでました。

こはるはニシンを焼く担当。

そうまは自分のバーナー使って米炊き担当。

キャンプとなると、家ではあまり見ることが出来ない自主性と積極性を発揮してくれます。

キャンプはほんとにすばらしいね。

なんだかんだで、普段家で食べる朝食よりもしっかりした朝食になりました…。

戴きますをしてみたものの、食欲失せるくらい暑かった…。すでに35℃くらいはあるんじゃないかってくらい。

食後は地獄の猛暑の中、汗だくで撤収しました。

なんとこの日の気温はまさかの40℃超え。暑いわけだわ。

 

さて、海水浴にいきますか!

 

釜磯海水浴場

こじんまりした、小さな子供も安心して遊べる浜辺です。

鳥海山の伏流水が湧き出る砂浜が特徴的な海水浴場です。

かずは自由研究で釜磯の湧き水について研究するそうなので、写真撮ったり試料集めたり。

とにかく暑い…。

 

小波渡海水浴場

小波渡海水浴場

釜磯の後は小波渡海水浴場へ。

ここは浅瀬の岩場に生息する生き物がたくさんいるので見ていて飽きません。様々な生き物を捕まえて手にとって観察することができます。ここも自由研究がはかどる海水浴場ですね。

今年のお盆キャンプを振り返って

今年のお盆キャンプは1泊だったので設営撤収が慌ただしいキャンプでしたが、その分体験や思い出がギュッと詰まったキャンプになりました。

ただ、この日は40℃を越える気温で相当暑かったです。道路脇の温度計が40℃超えてるので壊れてんのかと思ったらほんとでした。

飛びのくずれキャンプ場には木陰がないので、太陽が出ていると暑さは避けられません。
来年のお盆キャンプは涼しい高地でのキャンプにしようかなと…

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥49,779 (2019/11/15 09:28:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします