やまがた百名山 面白山(1,264m) 手前の三沢山で引き返し…

面白山登山

子供達の希望で月山に行く予定でしたが、免許証の更新をしないといけないことに気が付き断念…

ならばと、免許更新が終わってからも登頂できそうな子供達にとって登りがいのある山ということで面白山に行くことに。結果から言うと時間切れで登頂ならずでしたが、十分楽しめた登山でした。

面白山ってどんな山?

 面白山の名前の由来は、「白い山」と言う意味の「ツラシロヤマ」と呼ばれていたことから来ていると言われています。
周辺には登山道が多数あり、南面白山と共に初級者から健脚者まで楽しむことができます。また交通アクセスも良く、JR仙山線面白山高原駅を降りてすぐ登山道に入れます。
眺望は面白山・南面白山共に抜群で、月山、朝日連峰のほか、南東北の名だたる名峰が望めます。新緑・紅葉の季節には県内外から多くの登山客が集まります。隣接する紅葉川渓谷の散策もおすすめです。

山形県山岳情報ポータルサイト やまがた山」より

標高1264m
登山適期5月上旬~11月上旬
日程日帰り

そういえば今日、免許更新の日だった…

朝イチで免許センターに行きましたが、講習の時間は変わらないため結局11時頃に自宅出発。

登頂は時間的に厳しいかなとも思いましたが、とりあえず登頂無しで行けるとこまで行ってみようと面白山に向かいました。

天童高原キャンプ場に到着

ガイドブック等では面白山駅からの登山が紹介されることが多いですが、今回は天童高原キャンプ場から登る西尾根コースを使いました。

面白山登山者用駐車場

登山客と一般客の駐車場が分けれれているので注意。

急いで登る準備。

キャンプ場の駐車場を通過した先が登山口。

昨年きれいに整備されたばかりのキャンプ場です。食事も出来るせいか結構賑わってました。

ログハウス前の砂利道を登ると登山口が見えてきます。





登山道~分岐、水場

キャンプ場は害獣対策として鉄柵で囲まれています。

登山道にゲートがあるので確実に締めておかなければいけません。

登山道入ってすぐのところに案内板。

水場なのかな?時間ないので立ち寄りませんでした。

歩きやすい林道を約40分ほど進みます。

分岐に水場があります。水飲みながらここで休憩。

分岐~三沢山

まっすぐ進みたくなる雰囲気の道ですが、水場をそのまま通り過ぎると面白山駅方面に下山してしいます。

北面白山を目指すなら水場左手の斜面を登る道が正解です。

のこれまでののんびり林道とは打って変わって、グイグイまっすぐ登らされます。

ここで、鍛錬のためとザックに入れてた1.5Lのペットボトルを兄に託すこはる。登りがきつくなってきたかな。

三沢山到着

中継地の三沢山に到着。

この時点で13時40分。面白山までは子供達の足で1時間30分近くかかる計算。

さすがに下山時刻が遅くなりすぎるため、今日はここまで。

そうまとこはるは山頂行きたいと若干駄々こねましたが、かずが「下山の時間考えると今日は山頂行けない。紅葉の季節にまた来よう。」と、大人対応で場を収める。

ずいぶんになったな〜。

嬉しいような、寂しいような…。

面白山山頂行かないならと三沢山で昼食のパンやおやつをたらふく食べて景色眺めたりゆっくり過ごした後、「紅葉の季節に別なルートから山頂行こう!」とみんなで約束して下山しました。

さて、お昼ごはん食べたことだし下りますかー。

下山開始

来た道をそのまま戻ります。なんかすごいペースで下る子ども達。
キャンプ場の公園で遊びたいからみたい。

下山後はいつもどおりコーラ飲んでー

キャンプ場横のわんぱくパークでもうひと遊びして帰宅しました。

私が急遽免許更新を忘れてしまっていたがために計画通りの山行にはなりませんでした。
ですが、下山時刻考えて決めた時間過ぎたなら無理ぜず山を降りることも大事と体験と共に教えることが出来たし、登山計画の立て方を話すきっかけにもなったしこれはこれで良かったなと。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします